【日記】奥歯を抜きました。歯について書きます

歯 生活

奥歯を抜きました。思ったことを書きます(2020年8月26日)

(2020年8月26日)(最終更新2020年11月5日)

久し振りの更新です。無職なのに、親の介護と家事手伝いで手一杯です。

では、本題の奥歯を抜いたことについて書きます。

僕は2ヶ月に1回、2年間、欠かさず歯の定期健診に行ってました。ところが、偶然祝日の18時に銀歯が取れました。翌日彼女とデートでした(もう別れましたが)。スマホで歯医者を調べて、電車乗って1時間の場所に、祝日でも22時までやっている歯医者を見つけました。そこで、レントゲンを撮ったところ、歯の根が腐っていると言われました。この歯はあと5年もたない、いずれ抜かないといけない、と言われました。とりあえず、応急処置してもらいました。

歯の定期健診に行っていても、歯医者が外れなら、お金と時間の無駄だと悟りました。

家の近くの違う歯医者に行き、治療してもらいました。それから2年、ごはん中、銀歯が抜けそうになりました。歯医者に行くと、抜かなきゃいけないと言われました。麻酔して抜きました。抜くときかなり痛かったですが我慢しました。化膿止めと痛み止め処方してもらいました。

それから20日以上経ちましたが、もの食べると歯茎が痛い。歯茎に穴が空いた状態です。朝昼晩、食後に歯を磨いています。最悪でも口を水でゆすいでます。

インプラントにしようかな?と思って調べたら、1本30万~が相場で保険がきかない、とネットにあり、インプラントはあきらめました。他の歯に負担かかるけど歯医者の言う通りブリッジにしようと思いました。

失って初めてわかる歯のありがたみ。

治ったら追記しようと思います。

長期戦になりそうなので、一旦追記(2020年9月9日)

相変わらず歯医者に行っています。歯医者には10分歯を磨くよう言われていますが、難しいので、5分タイマーをつけて、5分磨いてます(朝昼晩の3回)。鉛筆持ちで歯ブラシ(固さ:やわらかい)を持ち歯茎をマッサージするように1本1本磨いてます。最近では、夜には歯間ブラシ(サイズ4S:小さい)で、歯と歯の間を掃除してます。

奥歯のあった歯茎の穴は、小さくなりました。歯茎を磨くようになってから、歯茎が全体的にひきしまり、27本の歯でも十分食事できるようになりました。失ってから気づく歯の存在の大切さ。失った歯に戒名をつけたいくらいです。(そういう心境なのです。)

ではまた、奥歯の治療が終わるまで追記していきます。

奥歯を入れました 追記(2020年11月4日)

ブリッジで、奥歯(銀歯)を作りました。
歯茎の穴は自然治癒で、ほぼ埋まりました。
最後の1回の治療は、13,500円(保険適用)かかりました。
ごはんがすごく食べやすく、おいしくなりました。
一番奥の歯を入れたため、奥歯の前2本を削って、ブリッジにしました。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

コメント