自信がゼロの時の対処法

自信のないとき 生活

自信がゼロの時の対処法

(2020年4月4日)(最終更新2020年10月26日)

こんにちは。
おやいんです。

久々の更新です。
しばらく体調不良でしたが、立ち直りました。
精神的なものもありました。
疲れてたんでしょうね。

とりあえず、今の自分を認めるところから始めました。
初心忘れるべからずですね。
体調不良で会社に行けない自分を認める。
会社辞めたいと電話で伝えても会社に来た時に話し合おうと、はぐらかされる自分を認める。
退職願いを今年の1月6日に、3月末で退職しますと書いて渡したのに、退職に全くとりあってくれない現状の自分を認める。

そこで、体調不良で、会社に行けない旨を医者に話しました。
医者からは、弁護士に依頼したらどうかと言われました。
病気で働けないと診断書書いてくれたらいいのにと思いましたが、ただの疲労なのでしかたないですね。
退職代行に頼もうか、と悩んでる自分を認めました。

自分を認めるってアート(芸術)だと思うんですね。
これが自分だ、という表現として。
体調不良でしんどくてエナジードリンク1日3本飲んでる自分も認めなきゃ前に進めない。

とにかく自分の現状を認める。
そこに次の1歩を踏み出すきっかけ、光があるのではないかと思うのです。
なんか、五木寛之みたいなこと言ってますが。

とにかく自分の足元、立っている場所を見つめる、そして1歩踏み出す。
それを今の目標にしたいと思います。

まずは断捨離、会社の断捨離(退職)から始めようと思います。

幸い、ある程度貯金があるので、それで生活して、前に進もうと思います。

とりあえず、正直、1円でも稼ぎたいと思って始めたこのブログ、日記として始めましたが、日記だと需要がないとわかりました。
読者は全く知らない僕に興味がないからですね。
ブログへのアクセス数は正直です。
GOOGLEの検索に引っかからないのも納得です。
相手の立場に立って、自分の言いたいことではなくて、相手が聞きたいこと(悩みの解決法など)を書く、という当たり前のことに気がつきました。
体験談として、少しでもお役に立てれば光栄です。

この体調不良も、勉強になりました。
本当にやりたくないことは、やらない方がいい、と教えてくれました。

完全に会社のことしか考えない、社員は歯車で使い捨て、と思っている会社があることは間違いないです。
真に、僕のことを考えてくれる会社もあると思うので、他にもたくさん会社はあるし、たくさん人はいるので、視野を広げて退職後に探したいと思います。

コメント