読書感想文 日記の魔力

デジタル日記 趣味

今回は、少し古い本、「日記の魔力」の書評を書こうと思います。

(更新日:2020年11月28日)(最終更新:2020年11月30日)

ベストセラーの本の、「メモの魔力」という本とタイトルが似てますが、
日記の魔力」の方が、昔(2004年)に発売されています。

この本を読み、僕も先週から日記を書き始めました。

エッセンスだけ書くと、

  1. パソコンで、日記を書きましょう。
  2. 印刷して紙で読みましょう。
  3. 感想などは書かず、出来事を書きましょう。

といったところでしょうか。

日記とは、書くだけでなく、読むものだ、
と本には書かれています。

僕は、Evernoteというソフトで、日記を書いています。
iPhoneでも、パソコンでも、勝手に同期してくれるので、
楽です。
Evernoteは無料でも使えますが、有料プランにすると、
かゆいところに手が届くというか、使いやすいです。

まず、日記を書くと、頭の中が整理できます。
そして、自分の日記を忘れたころに読むと面白いです。

自分が何者なのか?というのが、行動の記録によって、
客観的にわかるのが、面白いです。

少し本より引用します。

  • 誰の人生であってもその日常は記録に値する。
  • 日常生活には価値がある。
  • 書くという作業はすべて「感動」と「愛」にもとづいている。

この本は、筆者が日記に人生をかけているので、
とてもおもしろいです。
30年間、日記を書きつづけているとの事です。
パソコンがなかったころにはカードに書いていたそうです。

日記を毎日書いていると、心理学的に、無意識の潜在意識が
意識している顕在意識に浮かんでくるそうです。

日記も極めると面白いんだな、と思いました。

僕も、日記を始めたばかりなので、
日記がんばりたいと思います。

コメント